富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム 豊富な品 ドーム形 φ24 DC12V DR22D0L-B3W 乳白 標準 AC LED照光,557円,表示灯,ドーム形(φ24),標準,丸フレーム,乳白,AC/DC12V,irink.jp,富士電機,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品 , 表示灯,/adenodynia1860891.html,DR22D0L-B3W 557円 富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム ドーム形(φ24) 標準 AC/DC12V 乳白 DR22D0L-B3W 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 表示灯 LED照光,557円,表示灯,ドーム形(φ24),標準,丸フレーム,乳白,AC/DC12V,irink.jp,富士電機,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 制御部品 , 表示灯,/adenodynia1860891.html,DR22D0L-B3W 557円 富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム ドーム形(φ24) 標準 AC/DC12V 乳白 DR22D0L-B3W 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 制御部品 表示灯 富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム 豊富な品 ドーム形 φ24 DC12V DR22D0L-B3W 乳白 標準 AC

富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム 豊富な品 ドーム形 φ24 割引購入 DC12V DR22D0L-B3W 乳白 標準 AC

富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム ドーム形(φ24) 標準 AC/DC12V 乳白 DR22D0L-B3W

557円

富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム ドーム形(φ24) 標準 AC/DC12V 乳白 DR22D0L-B3W

商品の説明

"span"【特長】
●高輝度LED照光品「ぴかりくん」を標準化
●操作部の裏面取付方式により、パネル厚による調整が不要
●あらかじめボタン・ツマミを操作部に装着した状態で、パネル取り付けが可能
●接点ユニット・トランスユニットの追加、交換が容易
●充電部保護カバーを標準付属
●トリガーアクション機構を採用した非常停止用押しスイッチを用意(IEC、EN規格に対応)
●パネルカット寸法φ25.5mmへも使用が可能
●標準品でUL/CSA規格およびTUV(EN規格品)を認定取得
●CEマーク表示をしています

【定格・仕様】
・定格絶縁電圧Ui:全電圧式品:AC/DC250V、トランス式品:AC600V
・耐電圧(充電部対アース間):AC2000V 1分間 (トランス式品表示灯はAC2500V 1分間
・絶縁抵抗:充電部対アース間・異極充電部間;100MΩ以上(DC500Vメガーにて)
・定格インパルス耐電圧 Uimp:6kV
・汚染度:3
・耐振動:共振試験;複振幅0.1mm・周波数10~55Hz、定振動耐久試験;複振幅3.0mm・周波数16.7Hz
・耐衝撃:耐久性;500m/S^2
・定格周波数:50/60Hz
・使用周囲温度:-20~+50度(ただし、氷結、結露なきこと)
・保存温度:-40~+80度
・相対湿度(盤内):45~85%RH(-5~+40度にて)ただし、氷結、結露なきこと
・操作部・表示部保護構造:IP65(耐じん形・防噴流形):IEC 60529,IP65F(耐じん形・防噴流形・防油形):JIS C 0920
・端子部:角ワッシャ付M3.5プラス・マイナス両用ねじ(セルフアップ式)
(多方向スイッチは、プラス・マイナス両用ねじ、またははんだ兼タブ(#110)端子)

富士電機 表示灯 LED照光 丸フレーム ドーム形(φ24) 標準 AC/DC12V 乳白 DR22D0L-B3W

花が好きで庭で育てて楽しんでます。

この書庫の12月7日に
10月3日に撮った同所のヒマワリ畑を載せました。
それから3週間後に訪ねてみました。

(10月28日撮影)
満開のコスモス優し気な雰囲気
賑やかな雰囲気
ローズピンクをメインにしてみました。
心なしか秋の雰囲気が感じられた1枚
濃淡色のコスモス
白花は案外目立ちます。
ちょっと可愛気にパチリ一輪の花は案外難しいです。

ミツバチさんが目玉をこちらに向けてくれました。
今度はお尻を、どうぞですって!
そして去って行きました。
こんな写真も撮ってみました。
さてさて、その日のヒマワリは、と言いますと・・・、
ほとんど全員がお辞儀をしていました。
これはまだ花弁が付いていていたものの、
大きな頭を垂れて種の準備に入った模様でした。

来年も素敵な花畑で人や鳥との出会いがありますように。

東田原の皆様、ありがとうございます。
書庫「独り言」の前回は、
国宝犬山城の昼間の眺めでしたが、
今回は夜景です。

私のカメラでは以下のような写真が精一杯で、
もしかしてカメラをもっとコントロールできれば、
異なる写し方もできるのかもしれませんが、
城の夕景から夜景をご覧ください。

(10月6日撮影)
手前の川は木曽川です。
縦位置でも撮影
もう少し拡大してみました。
昼間の時と同じ場所で、岐阜県側から撮影しています。
川面に反射する光が少し濃くなってきました。
川沿いの宿屋が放つ光の反射
宿屋も入れて撮影
暗くなった分ハリボテの城風になってしまいました。
気分を変えて近く(岐阜県側)の夕景をパチリ
絞りなどの勉強が必要ですね。

ハレーションがすざまじいこと!
ハレーションを気にしないでパチリ
こちらの方がキレイ
撮影場所の近くから見たライン大橋
正式には犬山頭首工ライン大橋というそうです。
(頭首工:農業用水取水用の堰)
思い出しますに、
私が初めてこの橋を渡った頃は徒歩が大幅に可能で、
私自身も歩いて渡ったことが何度かありました。
いまは交通量が多くて歩くことは危険ですし、
車で橋を渡った時に見てもだいぶ老朽化が進んだように感じました。
なるほど建設後、半世紀以上が経ったようです。
これは何でしょう。
川沿いに設けてある遊歩道の手すりです。

最後まで見てくださってありがとう。
「庭の花」の書庫ですが、
今回はツマグロヒョウモンチョウを載せます。

(10月5日撮影)

花の手入れをしていると
夫が「蝶が交尾しているから見においで」と呼びました。

ヤーコンの葉の上にランデブー中のツマグロヒョウモンがいました。
葉の向きは実はものすごく傾いていたので、
見やすくなるようにしてあります。
どのくらい時間がかかるのでしょうね。

オスもメスも両翅を合わせています。
左の大きな蝶がメスで、右の小さい方がオス。
ツマグロヒョウモンの表翅はメスが赤や黒や白の目立つ色合いがあり、
オスはヒョウ柄のような感じです。
ヤーコンの葉裏は結構毛深いように見えますね。
しっかり踏ん張っています。
ちょっとボケてますけど、結構斜めの位置にいるんですよ。

ツマグロヒョウモンの足は2対の4本で、
最前列の1対は退化して痕跡あるものの使えないそうです。
タテハチョウ科のキタテハ、アカタテハも4本足だそうです。
さてツマグロヒョウモンの幼虫は黒地の背に赤っぽい細筋が通り、
胴に赤っぽい点々があるという派手さです。
一見すると毒がありそうに思えますが、
毒はないし刺さないしのかわいい幼虫だそうです。
でも超アップで見ると、結構グロちゃんです。

↑このページのトップヘ